仕上、背景、3Dなどの各データを合成(コンポジット)し、カメラワークやエフェクトなどの画像処理を行い、アニメ映像として完成させるのが撮影部です。

画作りの最終工程であり、映像の質を左右する重要なセクションです。
当社撮影部は、そのクオリティにおいて大変高い評価を頂いています。


・シート付け   
セルの置き換え情報を撮影ソフトに入力してデータ化します。
・コンポジット
   演出・シートの指示やシーンのイメージに合わせてカメラワークや特殊効果を追加します。
・レンダリング
   コンポジットしたデータを納品用の形式に出力します。
・ラッシュチェック
   メインスタッフ(監督、演出、作画監督、美術監督、色彩設定、撮影監督、制作担当他)が集まって、完成映像をチェックし、更なるクオリティアップの為、リテイク出しを行います。


◆ 福世 晋吾  1997年入社
【 撮影監督代表作 】 『ヘヴィーオブジェクト』『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』
『selector infected WIXOSS』『とある科学の超電磁砲』他
私はフィルム撮影を経てデジタル撮影に移行しました。その経験を活かし各作品に取り組んでいます。
撮影は全てのセクションから頂いた素材をより良く見栄えのある物に料理する部署だと考えています。J.C.STAFFは全てのセクションが揃っているので新しい事への挑戦や提案がしやすい環境にあります。これからもユーザーの皆様に喜んでいただける作品を生み出していけるよう、スタッフ一同全力で作品作りに取り組んでいきます。

黒澤 豊  1995年入社
【 撮影監督代表作 】 『食戟のソーマ』『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』
『LOVE STAGE!!』『ゴールデンタイム』『とらドラ!』他
高校の部活で8mmカメラでのアニメ作りをした時に、仕事としてアニメの撮影をしたいと思うようになり、専門学校を経てこの業界に入ったのが始まりです。しかし、当時(フィルム)と今(デジタル)では撮影と呼ばれていても全くの別物になってしまい、仕事を始めてから25年近くも経つというのに未だに右往左往しています。新たな表現方法が日々確立されており、若いスタッフ達の感性や技術に感心させられる事も年々多くなってきました。
各スタッフがお互いの技術や感性を吸収し合い、お互いがもっと表現できる幅を広げられる環境作りができたら良いと考えています。

大河内 喜夫   1999年入社
【 撮影監督代表作 】 『監獄学園』『青い花』『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』『LOVELESS』他
現在デジタルアニメ制作において撮影がカバーする職務の幅はもはや「撮影」という言葉では括りきれないほど多岐に渡っています。
最終的な画造りを担うという事は、監督や演出、他部署との緻密な連携も重要であり、その責任は非常に大きいですが、それだけやりがいがある仕事でもあります。
撮影に必要な能力とは技術や知識以上に、例えば火の表現でも、それがガスの火なのか?火薬の火なのか?それぞれの光り方や色の違いに興味を持ち、そしてそれを画面上に表現したいと思う欲を覚えるかどうかだと思います。
綺麗な画が作りたい!迫力のある画が撮りたい!といった気持ちこそを大事に撮影に臨んで欲しいと思います。


>>J.C.STAFF WEBサイト TOPへ © J.C.STAFF Co.,Ltd.